本田宗一郎の名言


本田宗一郎の名言

Soichiro Honda
本田宗一郎

日本の実業家、技術者、ホンダの創業者。

国: 日本(現在の浜松市天竜区)
生: 1906年11月17日
没: 1991年8月5日(享年84歳)

本田宗一郎 おすすめ書籍

【その生涯】 名言集へ行く

1906年11月17日、静岡県磐田郡光明村(現:浜松市天竜区)の鍛冶屋の長男として生まれる。

1913年、6歳のときに尋常小学校(現:浜松市立光明小学校)に入学。在校中に自動車や飛行機を初めて見るなどの経験をする。

1919年、12歳で尋常高等小学校(現:浜松市立二俣小学校)に入学。

1922年、15歳で尋常高等小学校を卒業した宗一郎は、東京市本郷区湯島(現:東京都文京区湯島)の自動車修理工場「アート商会」に入社(丁稚奉公)。半年間は、社長の子供の子守りばかりであった。

アート商会に6年勤務後の1928年、21歳の宗一郎はのれん分けのかたちで浜松市に支店を設立して独立。宗一郎だけが社長からのれん分けを許された。

1935年、28歳の宗一郎は結婚。

本田宗一郎は自動車修理工場事業を順調に拡大するも、学問的な壁に突き当たり、1937年、30歳で現在の静岡大学工学部機械科の聴講生となり、3年間金属工学の研究に費やす。

1942年、宗一郎が35歳のときに長男が誕生。

1945年の 三河地震により工場が倒壊。所有していた会社の全株を豊田自動織機に売却して退社。38歳の宗一郎は「人間休業」と称して1年間の休養に入る。

1946年、宗一郎は浜松市に本田技術研究所を設立。1948年には本田技研工業を浜松市に設立。従業員20人でスタート。二輪車の研究を始める。

1949年にホンダの副社長となる藤沢武夫と出会い、二人は共にホンダを世界的な大企業に育て上げる。

1973年、66歳の宗一郎は本田技研工業の社長を退き、取締役最高顧問に就任。研究所所長は続けた。

1983年、76歳で取締役も退き、終身最高顧問となる。

1989年、宗一郎はアジア人初の米国自動車殿堂入りを果たす。

1991年8月5日、本田宗一郎は84年の生涯を閉じた。

亡くなる2日前、宗一郎は夫人に「自分を背負って歩いてくれ」といい、夫人は点滴の管をぶら下げた宗一郎を背負い病室の中を歩いた。そして「満足だった」という言葉を遺した。遺族からそのエピソードを聞いた親友の井深大(ソニー創業者)は「これが本田宗一郎の本質であったか」と述べ涙したという。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全173人)
 

本田宗一郎 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

成功とはあなたの仕事のほんの1パーセントに当たるものだが、それは失敗と呼ばれる99パーセントのものがあって初めて生まれてくるものである。

Success represents the 1% of your work which results from the 99% that is called failure.

私は若い社員に、相手の人の心を理解する人間になってくれと話す。それが哲学だ。

失敗が人間を成長させると、私は考えている。失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。

伸びる時には必ず抵抗がある。

進歩とは反省の厳しさに正比例する。

人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。いるのは弱さに甘んじている人間と、強くなろうと努力している人間だけだ。

日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。

模倣、依頼、同調といった精神は、今ではどのような価値も生まないだけではなく、人々を根底から破壊する役割さえ果たしている。

もったいないようだけど、捨てることが、一番巧妙な方法だね。捨てることを惜しんでいるヤツは、いつまでたってもできないね。

会社の為に働くな。自分が犠牲になるつもりで勤めたり、物を作ったりする人間がいるはずない。だから、会社の為などと言わず、自分の為に働け。

人生でも、企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。

創業当時、私が「世界的視野に立ってものを考えよう」と言ったら噴き出したヤツがいた。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒