家族・親子の名言


Page: 2

僕は基本的に家族はバラバラでいいと思っています。子供には関心を持っていればいい。「誰かがいつもお前を見ている」というのは救いになる。

山田太一(日本の脚本家、小説家 / 1934~)

空の星になれないなら、せめて家庭の灯になりなさい。

ジョージ・エリオット(英国の女性作家 / 1819~1880)

父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる。

ジャン・パウル(ドイツの小説家 / 1763~1825)

「ダメな子」とか、「わるい子」なんて子どもは、ひとりだっていないのです。もし、そんなレッテルのついた子どもがいるとしたら、それはもう、その子たちをそんなふうに見ることしかできない大人たちの精神が貧しいのだ。

手塚治虫(日本の漫画家、アニメーター、医学博士 / 1928~1989)

この世で一番大きな苦しみは一人ぼっちで、誰からも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです。また、温かい真の人間同士のつながりとはどういうものかも忘れてしまい、家庭や友人を持たないが故に愛されることの意味さえ忘れてしまった人の苦しみであって、これはこの世で最大の苦しみと言えるでしょう。

マザー・テレサ(カトリック修道女、ノーベル平和賞受賞 / 1910~1997)

人生最大の幸福は一家の和楽である。円満なる親子、兄弟、師弟、友人の愛情に生きるより切なるものはない。

野口英世(日本の細菌学者 / 1876~1928)

天は万物を生みて所有せず、育ててこれを支配せず。

老子(古代中国の哲学者、道教創案の中心人物 / 紀元前6世紀など諸説あり)

子供は涙で命令し、聞いてもらえないと、わざと自身を傷つける。

スタンダール(フランスの小説家『赤と黒』著者 / 1783~1842)

息子は妻をめとるまでは息子である。しかし娘は一生涯娘である。

My son is my son till he have got him a wife, but my daughter’s my daughter all the days of her life.

トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家 / 1608~1661)

苦痛を共にした家庭は、安息の快楽を共にすることが出来る。

伊藤左千夫(日本の歌人、小説家 / 1864~1913)

楽しい笑いは家の中の太陽である。

A good laugh is sunshine in a house.

サッカレー(英語の小説家 / 1811~1863)

鋭い感受性というものは、よき恋人としては必須の条件であるが、家庭へ持ち込むには少しばかり邪魔な荷物である。

庄野潤三(日本の小説家 / 1921~2009)

古来いかに大勢の親はこういう言葉をくり返したであろう。「私は結局失敗した。しかし、この子だけは成功させねばならぬ」

芥川龍之介(日本の小説家 / 1892年~1927年)

 

– END –

 

★ その他の家族・教育・趣味テーマ

教育 ・本・読書 ・音楽

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)






 

「HOMEへ」