家族・親子

Page: 2

神童などという言葉は、家族のつくったものだ。

ジャン・コクトー(フランスの詩人、小説家、芸術家 / 1889~1963)

あなたがいつも悩んだり、イライラしたり不機嫌でいたりすると、その感情が家族を病気にするかもしれません。個体としては別でも、不健康は潜在意識を媒介して伝染するのです。

ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981)

人間は自分の欲しいと思うものを求めて世間を歩きまわり、そして家庭に帰った時にそれを見出す。

ジョージ・ムーア(アイルランドの小説家、詩人、劇作家 / 1852~1933)

女には、どうしてもわからないテーマが一つある。男は仕事に注ぐだけの情熱をなぜ家庭に注げないのか、ということだ。

ドロシー・ディックス(米国のジャーナリスト / 1861 ~1951)

不幸せの練習には家庭しかない。

武田鉄矢(日本の歌手、俳優、作詞家 / 1949~)

子供の態度は家庭そのものです。その家庭を知りたかったら、子供を観察すればすぐわかります。

ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981)

私たちは見たとおりの人間であり、完璧な人間ではない。私たちはたまたま君たちの親になったが、出来る限り君たちを導き、助けようとしている、君たちはいつの日か独り立ちをする。私たちは、その日のために自分を伸ばしてほしいと思っている。

カルロス・ゴーン(ブラジル出身の実業家、ルノー・日産自動車CEO / 1954~)

子ゆえに迷い、子ゆえに悟る。

坪内逍遥(日本の小説家、劇作家、評論家 / 1859~1935)

家族の間に、もう少し多くの愛、一致、平和、そして幸せがあったなら、こんなに多くのアルコール依存症や、麻薬中毒患者は生まれなかったことでしょう。

マザー・テレサ(カトリック修道女、ノーベル平和賞受賞 / 1910~1997)

女性は子どもを産み育て、愛する本能を持っている、といういわゆる「母性愛」は、近代家族制度を維持するために捏造された神話である。

香山リカ(日本の精神科医、評論家 / 1960~)

僕は基本的に家族はバラバラでいいと思っています。子供には関心を持っていればいい。「誰かがいつもお前を見ている」というのは救いになる。

山田太一(日本の脚本家、小説家 / 1934~)

空の星になれないなら、せめて家庭の灯になりなさい。

ジョージ・エリオット(英国の女性作家 / 1819~1880)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒