トップ・経営者


Angelo-DeSantis_08
photo: Angelo DeSantis

Work Quotes

トップ・経営者が活かせる言葉。世界の偉人・有名人の名言を英語と日本語でご紹介します(全2ページ)

★ その他の仕事テーマ

仕事の名言 ・リーダーシップ ・部下の育成・指導 ・マーケティング ・仕事の失敗 ・やりがい・転職
 

トップ・経営者 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2

Page: 1

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。

ビル・ゲイツ(米国の実業家、マイクロソフト社の創業者 / 1955~)

成功したビジネスでは、必ず誰かが一度は英断を下している。

Wherever you see a successful business, someone once made a courageous decision.

ピーター・ドラッカー(オーストリア出身の経営学者 / 1909~2005)

我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる。

本田宗一郎(日本の実業家、技術者、本田技研工業の創業者 / 1906~1991)

金よりも大事なものに評判というものがある。世間で大仕事をなすのにこれほど大事なものはない。金なんぞは、評判のあるところに自然と集まってくるさ。

坂本龍馬(江戸時代末期の志士、土佐藩郷士 / 1836~1867)

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。

徳川家康(戦国時代から安土桃山時代の武将、江戸幕府の初代征夷大将軍 / 1543~1616)

大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。

武田信玄(戦国時代の武将、甲斐の守護大名、戦国大名 / 1521~1573)

決して落胆しないこと。それが将軍としての第一の素質である。

ナポレオン・ボナパルト(フランスの皇帝、政治家、軍人 / 1769~1821)

企業は存在することが社会にとって有益なのかどうかを世間大衆から問われていますが、それに答えるものが経営理念です。つまり、経営者は他から問われると問われざるとにかかわらず、この会社は何のために存在しているのかそしてこの会社をどういう方向に進め、どのような姿にしていくのかという企業のあり方について、みずからに問い、みずから答えるものを持たなくてはならない。言い換えれば、確固たる経営理念を持たなくてはならないということです。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)

企業の精神は、どのような人たちを高い地位につけるかによって決まる。

ピーター・ドラッカー(オーストリア出身の経営学者 / 1909~2005)

一つの冷静な判断は千のやかましい会議に勝っている。なすべきことは光を与えることであって熱を与えることではない。

ウッドロウ・ウィルソン(米国の政治家、政治学者 / 1856~1924)

いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。

徳川家康(戦国時代から安土桃山時代の武将、江戸幕府の初代征夷大将軍 / 1543~1616)

仕事が伸びるか伸びないかは、世の中が決めてくれる。世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)

経営とは、人として正しい生き方を貫くことだ。

稲盛和夫(日本の実業家、京セラ、KDDIの創業者 / 1932~)

慎重もええが、思いきったところがなきゃいかん。慎重は下僚の美徳じゃ。大胆は大将の美徳じゃ。

坂本龍馬(江戸時代末期の志士、土佐藩郷士 / 1836~1867)

数字算出の確固たる見通しと、裏づけのない事業は必ず失敗する。

渋沢栄一(日本の武士、官僚、実業家、日本資本主義の父 / 1840~1931)

進歩のない組織で持ちこたえたものはない。

ナイチンゲール(英国の看護師、社会起業家、看護教育学者 / 1820~1910)

私が事業家にいいたいのは、ここだ。宇宙の心理に背いた、自分本位の欲望でもってしようとしたことは、そう滅多に成功するものではない。事業に成功するのは、自分が欲望から離れて何かを考えたときに、また、その考えたことを実行するときに成功するのだ。同じ事業家でも、欲の固まりでやる者と、「この仕事で、世の中の人のために、本当に役立つものを提供しよう」という気持ちでやるのでは、その結果が全然違うのである。

中村天風(日本初のヨーガ行者、天風会の創始者 / 1876~1968)

誰も争うために商売しているわけではありません。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)

企業経営のエッセンスは、何かに「卓越」することと、「決断」することである。

ピーター・ドラッカー(オーストリア出身の経営学者 / 1909~2005)

はじめにマイナス思考で最悪の結果を想定し、そうならないような計画を立ててから組織や集団を動かす。そして、全体の流れが軌道に乗ってきたと見るや、プラス思考に転じて攻めて行く。

落合博満(日本の元プロ野球選手、監督 / 1953~)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒