結婚前


Ben-Luckman
photo: Ben Luckman

Marriage Quotes

結婚の前に読みたい言葉。世界の偉人・有名人の名言を英語と日本語でご紹介します(全4ページ)

★ その他の結婚テーマ

結婚の迷い ・結婚の悩み ・結婚後
 

結婚前 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。

When marrying, ask yourself this question: Do you believe that you will be able to converse well with this person into your old age? Everything else in marriage is transitory.

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。よい夫を得られるなら、いくら結婚が遅れても、遅すぎることはありません。

デフォー(英国の作家、ジャーナリスト / 1660~1731)

結婚の契約をしてからでなければ恋をしないというのは、小説を終わりから読み始めるようなものである。

モリエール(フランスの劇作家、古典主義の三大作家 / 1622~1673)

不幸な結婚の半数は、当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です。

モンテルラン(フランスの作家、随筆家 / 1895~1972)

運命のひとは必ずあらわれる。ただ彼は今頃アフリカあたりにいて、しかも徒歩でこっちに向っているにちがいないわ。

Mr. Right is coming. But he’s in Africa and he’s walking.

オプラ・ウィンフリー(米国の女性テレビ司会者、女優 / 1954~)

結婚の幸福は、まったく運次第ですもの。お互いに気心がわかっていても、前もって似ていても、そんなことで幸せが増すというわけのものじゃないわ。

ジェーン・オースティン(英国の女性作家 / 1775~1817)

幸福な結婚というのは、いつでも離婚できる状態でありながら、離婚したくない状態である。

大庭みな子(日本の女性小説家、1930~2007)

結婚するものも仕合わせだし、しないものも仕合わせだ。どっちにも人間としての喜びがある。

武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976)

もし結婚するなら、どっぷりと結婚していたいの。

If I get married, I want to be very married.

オードリー・ヘップバーン(英国の女優 / 1929~1993)

結婚というものは、男子の魅力がどうのこうのといったことよりは、男子の思慮分別の有る無しのほうが、ずっと大事な問題なのよ。

マリヴォー(フランスの劇作家 / 1688~1763)

男がほんとうに女に贈り物をしたいと思ったら結婚するものよ。

ココ・シャネル(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971)

他人の好みにかなう妻より、自分の好みにかなう妻を求めよ。

ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者 / 1712~1778)

金のために結婚するものは悪い人間であり、恋のために結婚するのは愚かな人間である。

サミュエル・ジョンソン(英国の詩人、批評家、文献学者 / 1709~1784)

急いで結婚する必要はない。結婚は果物と違って、いくら遅くても季節はずれになることはない。

トルストイ(ロシアの小説家、思想家 / 1828~1910)

もし女性が一人でいる時にしていることを知れば、男性は決して結婚しないだろう。

If men knew how women pass the time when they are alone, they’d never marry.

オー・ヘンリー(米国の小説家 / 1862~1910)

結婚はまさしく相互の誤解にもとづくものである。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

結婚は、自己と同等のごとき者とすべし。自己よりまさる相手は伴侶にあらず。主人を得ることになる。

クレオブロス(古代ギリシアの七賢人の一人 / 紀元前6世紀頃)

美貌や愛欲によって結ばれた結婚ほど、早く紛争を起こして失敗するものはない。結婚には、一定して変ることのないしっかりとした土台と、堅実にして慎重な行動が必要である。沸き立つような歓喜は、何の役にも立たない。

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592)

理想の夫、理想の妻を得ようとするから失望するのだ。凡夫と凡婦が結婚するのである。

亀井勝一郎(日本の文芸評論家 / 1907~1966)

結婚生活はすべての文化の始めであり、頂上である。それは乱暴者を穏やかにし、教養の高い者にとっては、その温情を証明する最上の機会である。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒