結婚前の名言




結婚前の名言(P. 2)

結婚生活に幸福を期待しすぎて、失望しないように気をつけなさい。ウグイスは春に2、3ヶ月だけは鳴くが、卵をかえしてしまうと、あとはずっと鳴かないものだ。

トーマス・フラー(英国の聖職者、歴史家 / 1608~1661)

よい女房をもらおうと思ったら、ダンスの輪の中から選ばずに、畑で働いている女性の中から選ばなくてはならない。

プリボイ(ロシアの作家 / 1877~1944)

三週間互いに研究しあい、三ヶ月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢しあう。そして子供達が同じことをまた始める。

イポリット・テーヌ(フランスの哲学者、批評家、文学史家 / 1828~1893)

正しい結婚生活を送るのはよい。しかし、それよりもさらによいのは、ぜんぜん結婚をしないことだ。そういうことのできる人はまれにしかいないが、そういうことのできる人は実に幸せだ。

トルストイ(ロシアの小説家、思想家 / 1828~1910)

女の天性には母性と娘性があって、妻性はない。妻性は無理に作られたもので、母性と娘性との混合でしかない。

魯迅(中国の小説家、思想家 / 1881~1936)

自分自身によかれと思う者は、好ましく心やさしい妻をめとるがいい。さもなければ、いっそめとらぬがいい。

シラー(ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家 / 1759~1805)

どんな女も結婚すべきであり、どんな男も結婚すべきではない。

Every woman should marry, and no man.

ベンジャミン・ディズレーリ(英国の政治家、小説家 / 1804~1881)

結婚なんてつまらない。死ぬまで夫婦の約束を守らなくちゃならないんだもの。そんなバカげた約束を誰ができて?明日どんな風が吹くか、神様だってご存知ないわ。

ミア・ファロー(米国の女優 / 1945~)

結婚のひとつの魅力は、双方にとってだまし合いの生活が絶対必要となることだ。

オスカー・ワイルド(アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900)

結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった。

アーサー・ゴッドフリー(米国のブロードキャスター / 1903~1983)

結婚とは、同情か征服かのいずれかの関係である。

Marriage must be a relation either of sympathy or of conquest.

ジョージ・エリオット(英国の女性作家 / 1819~1880)

娘が自分で惚れた男というのは、父親の目にはいつだって一番つまらない男に見えるものだ。

ドストエフスキー(ロシアの小説家、思想家 / 1821~1881)

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒