マーガレット・ミッチェルの名言


マーガレット・ミッチェルの名言

Margaret Mitchell
マーガレット・ミッチェル

アメリカの小説家。1936年に出版された長編小説『風と共に去りぬ』は大ベストセラーとなり、翌年ピューリッツァー賞を受賞。1939年には映画化され、アカデミー賞の9部門を受賞している。

1949年、48歳のマーガレット・ミッチェルは非番のタクシー運転手にはねられ、その傷が原因で死去。

生涯で発表した作品は『風と共に去りぬ』のみで、彼女の遺志により未発表の原稿は破棄されたといわれる。

国: 米国(ジョージア州アトランタ)
生: 1900年11月8日
没: 1949年8月16日(享年48歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全186人)
 

マーガレット・ミッチェル 名言集(英語&日本語)


 
 

Page: 1

重荷とは、それを運ぶ強さを備えたものにふさわしい。

Burdens are for shoulders strong enough to carry them.

人生には、わたしたちが期待するものを与えなきゃいけないなんて義務もない。

Life’s under no obligation to give us what we expect.

わたしはいつまでも不自然なままでいることや、自分のやりたいことを何もしないでいることにうんざりしたの。

I’m tired of everlastingly being unnatural and never doing anything I want to do.

勇気さえあれば、名声がなくともやっていける。

With enough courage, you can do without a reputation.

苦難は、人間を作るか壊すかのどちらかだ。

Hardships make or break people.

どうあろうと、明日という日がある。

After all, tomorrow is another day.

名声を失って初めて、それがいかに重荷だったか、ほんとうの自由とはどんなものかを知るのです。

Until you’ve lost your reputation, you never realize what a burden it was or what freedom really is.

世間はほとんど何でも許すことができるんだ。ただし、他人のことなんて気にかけない人々を除いてね。

The world can forgive practically anything except people who mind their own business.

君、わたしの知ったことではないよ。

My dear, I don’t give a damn.

 

– END –

 

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全186人)






 

「HOMEへ」