マリリン・モンローの名言


Page: 3

批評家は気にしない。どうでもいいわ。

人はいつだって何かを失っているのよ。それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?

私は女優になりたいと決心してから、私の自信のなさが私自身のチャンスをつぶすことがないようにしようと思ったの。

愛情に年齢の壁はないわ。お互いに愛し合っていれば、その人が何歳だろうと私には関係ないの。

私が結婚するのはたったひとつの理由からよ。それは、愛。

子どもができたら、すぐにでも女優をやめて家庭をまもるわ。

私は、マリリン・モンローを演じ続けるのがもう嫌だったの。私がアーサーに惹かれた理由のひとつは、彼が、ほかの誰でもない、私を欲しいと言ったからよ。心底から私自身を欲しいと言ったからなの。彼と結婚すれば、マリリン・モンローから遠ざかることができると思ったのに、違ったのよ。

ハリウッドから引退して、私を正当にあつかってくれる人と出逢いたいわ。田舎に住んで生活を根本的に変えたいとも思うの。

十四歳のときから私は女たちを苛立たせる才能をもっていたの。

私は成長するにつれて、自分がほかの子と違うことに気づいたの。私の生活には両親からのキスもうれしい約束もなかったから。

誰もがそれぞれつらい問題をかかえているわ。胸をしめつけられるような問題を抱えながら、それを周囲に知られないようにしている人たちだっているのよ。

私は、グラマーでセクシーであるという重荷を負わされることは苦にしないわ。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒