宮本武蔵の名言


宮本武蔵の名言

Musashi Miyamoto
宮本武蔵

江戸時代初期の剣術家、兵法家、二刀を用いる二天一流兵法の祖。

国: 日本
生: 1584年頃
没: 1645年6月13日(享年61歳)

【その生涯】 名言集へ行く

武蔵の生まれた年は1584年(天正12年)頃と考えられている。出生地には、吉川英治の小説『宮本武蔵』で採用された美作国(岡山県)説や播磨国(兵庫県)説がある。

武蔵の『五輪書』によると、13歳で初めて新當流の有馬喜兵衛と決闘して勝利し、16歳では但馬国の秋山という強力の兵法者に勝利したという。以来29歳までに60回ほどの勝負を行い、すべてに勝利。

1600年の関ヶ原の戦いでは、黒田家に仕官していた父と共に東軍として九州で戦った可能性が高いとされている。

武蔵の勝負の中で特に有名なものは「巌流島の決闘」であり、小倉藩領の舟島で岩流なる兵法者と戦ったとされる。

大坂の陣(1614~1615年)では水野勝成の客将として徳川方に参陣し、勝成の嫡子・勝重付で活躍したことが資料から裏付けられている。

1638年の島原の乱では、小倉城主に従い養子の伊織と出陣、一揆軍の投石によって負傷したとの記録がある。

1640年、熊本城主の細川忠利に客分として招かれ熊本に移る。熊本城東部に隣接する千葉城に屋敷が与えられ、鷹狩りが許されるなど破格の待遇で迎えられる。

1643年に『五輪書』の執筆を始め、1645年、亡くなる直前に『五輪書』および『独行道』を兵法の弟子に与えた。

1645年6月13日、千葉城の屋敷でその生涯を閉じる。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

宮本武蔵 名言集


 
 
(P. 2

Page: 1

我、神仏を尊びて、神仏を頼らず。

千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。

構えあって構えなし。

初めの少しのゆがみが、あとには大きくゆがむものである。

体の大きい者も小さい者も、心をまっすぐにして、自分自身の条件にとらわれないようにすることが大切である。

役に立たぬ事を、せざる事。

恋慕の思いに、寄る心なし。

心、常に、道を離れず。

身を浅く思ひ、世を深く思ふ。

一理に達すれば万法に通ず。

何れの道にも、別れを悲しまず。

我、事において後悔せず。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒