ニーチェの名言


ニーチェの名言

Friedrich Nietzsche
フリードリヒ・ニーチェ

哲学者、古典文献学者。鋭い批評眼で西洋文明を革新的に解釈。実存主義の先駆者、または生の哲学の哲学者と称される。

国: ドイツ
生: 1844年10月15日
没: 1900年8月25日(享年55歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1844年10月15日、プロイセン王国領ライプツィヒ近郊の小村に生まれる。父はルター派の裕福な牧師であった。1846年には妹が、1848年には弟が生まれている。

父はニーチェが5歳の時に過去の怪我が原因で亡くなった。それを追うように、2歳の弟も病死。一家は父方の祖母らを頼ってナウムブルクに移住した。

ニーチェは6歳になる前に小学校に入学。10歳で中等教育機関へ入学。その後、ニーチェの音楽と国語の優れた才能の噂を聞いた名門校プフォルタ学院から給費生として誘いがあり、転学。古代ギリシアやローマの古典・哲学・文学等を学んだ。

1864年にプフォルター学院を卒業、ボン大学へ進学し、神学部と哲学部に籍を置く。神学部に籍を置いたのは、母がニーチェに父の後をついで牧師になることを願っていたための配慮だったとされる。しかし、最初の学期を終える頃には、信仰を放棄して神学の勉強も止めたことを母に告げ、大喧嘩をしている。

ボン大学では、古典文献学の研究者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに師事。リッチュルがライプツィヒ大学へ転属となり、ニーチェもライプツィヒ大学へ転学。

ライプツィヒ大学在学中、ニーチェの思想形成に大きな影響を与えた二つの出会いがあった。ひとつは、古本屋でドイツの哲学者ショーペンハウアー(1788~1860)の『意志と表象としての世界』を偶然購入し、この書の虜となったこと。もうひとつは、リッチュルの紹介で、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナー(1813~1883)と面識を得たことである。

24歳のニーチェは博士号も教員資格も取得していなかったが、リッチュルの強い推挙により、スイスのバーゼル大学から古典文献学の教授として招聘される。本人は哲学の担当を希望したが受け入れられず、古代ギリシアに関する古典文献学を専門とした。バーゼルへ赴任するにあたり、ニーチェはスイス国籍の取得を考え、プロイセン国籍を放棄。これ以後、ニーチェは終生無国籍者として生きた。

1872年、ニーチェは『音楽の精神からのギリシア悲劇の誕生』(『悲劇の誕生』)を出版。しかし、厳密な古典文献学的手法を用いず哲学的な推論に頼ったこの本への賛意を表すものはおらず、ニーチェの講義からは古典文献学専攻の学生が姿を消し、孤立したニーチェは哲学科への異動を希望するが認められなかった。

1879年、激しい頭痛を伴う病によって体調を崩す。仕事に支障をきたすまでになったため、10年目にして大学を辞職。以後は執筆活動に専念した。ニーチェの哲学的著作の多くは、教壇を降りたのちに書かれたものである。

1881年に『曙光:道徳的先入観についての感想』を、翌年には『悦ばしき知識』の第1部を発表。またこの年、ルー・ザロメと知り合う。ニーチェはザロメと恋に落ち、ザロメに求婚するが返事はつれないものだった。

失恋による傷心、病気による発作の再発、ザロメをめぐって母や妹と不和になったための孤独、自殺願望にとりつかれた苦悩などの一切から解放されるため、ニーチェはイタリアのラパッロへ逃れ、そこでわずか10日間のうちに『ツァラトゥストラはかく語りき』の第1部を書き上げる。

1889年1月、ニーチェはトリノ市の往来で騒動を引き起し、警察の厄介になった。その後、ニーチェから意味不明の手紙を受け取った友人たちは、ニーチェを精神病院へ入院させる。母は1890年3月にニーチェを退院させ、ナウムブルクの実家に彼を連れ戻した。

1900年8月25日、ニーチェは肺炎を患って55歳の生涯を終えた。ニーチェの哲学は、それ以後の文学・哲学に多大な影響を与え、実存主義の先駆者、生の哲学の哲学者と称される。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全170人)
 

ニーチェ 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5 6 7 8 9

Page: 1

孤独な人間がよく笑う理由を、たぶん私はもっともよく知っている。孤独な人はあまりに深く苦しんだために笑いを発明しなくてはならなかったのだ。

Perhaps I know best why it is man alone who laughs; he alone suffers so deeply that he had to invent laughter.

愛が恐れているのは、愛の破滅よりも、むしろ、愛の変化である。

Love is more afraid of change than destruction.

私はあなたに助言する。友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな!

Thus do I counsel you, my friends: distrust all in whom the impulse to punish is powerful!

経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。

Experience, as a desire for experience, does not come off. We must not study ourselves while having an experience.

考え過ぎたことはすべて問題になる。

Everything that one thinks about a lot becomes problematic.

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。男が女を愛するのは、それがもっとも危険な遊びであるからだ。

The true man wants two things: danger and play. For that reason he wants woman, as the most dangerous plaything.

目的を忘れることは、愚かな人間にもっともありがちなことだ。

To forget one’s purpose is the commonest form of stupidity.

結婚するときはこう自問せよ。「年をとってもこの相手と会話ができるだろうか」そのほかは年月がたてばいずれ変化することだ。

When marrying, ask yourself this question: Do you believe that you will be able to converse well with this person into your old age? Everything else in marriage is transitory.

若者を確実に堕落させる方法がある。違う思想を持つ者よりも同じ思想を持つ者を尊重するように指導することである。

The surest way to corrupt a youth is to instruct him to hold in higher esteem those who think alike than those who think differently.

人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである。

One often contradicts an opinion when what is uncongenial is really the tone in which it was conveyed.

悪とは何か? – 弱さから生じるすべてのものだ。

What is evil? – Whatever springs from weakness.

人々はあなたの美徳によってあなたを罰し、あなたの過ちによってあなたを許す。

They punish you for all your virtues. They forgive you entirely – your mistakes.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒