ニーチェの名言


Page: 5

足下を掘れ、そこに泉あり。

悪人がいくら害悪を及ぼすからといっても、善人の及ぼす害悪にまさる害悪はない。

多く考える人は党員には向かない。というのは党派などを突き抜けて考えてしまうからである。

話題に窮したときに、自分の友人の秘密を暴露しない者は稀である。

すべての知識の拡大は、無意識を意識化することから生じる。

Every extension of knowledge arises from making the conscious the unconscious.

夢想家は自分自身に嘘をつくが、嘘つきは他人にだけ嘘をつく。

The visionary lies to himself, the liar only to others.

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。

昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。

独創的 – 何か新しいものを初めて観察することではなく、古いもの、古くから知られていたもの、あるいは誰の目にもふれていたが見逃されていたものを、新しいもののように観察することが、真に独創的な頭脳の証拠である。

悪意というものは、他人の苦痛自体を目的とするものにあらずして、われわれ自身の享楽を目的とする。

よい評判を得るために自己を犠牲にしなかった人が何人いるだろう?

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒