岡本太郎の名言


Taro Okamoto
岡本太郎

日本の芸術家。

国: 日本
生: 1911年2月26日
没: 1996年1月7日(享年84歳)

岡本太郎 おすすめ書籍
岡本太郎記念館
川崎市岡本太郎美術館

【その生涯】 名言集へ行く

1911年(明治44年)2月26日、神奈川県橘樹郡高津村(現:川崎市高津区)に、漫画家の父、岡本一平と歌人で作家の母、かの子との間に長男として生まれる。父方の祖父は書家の岡本可亭であり、北大路魯山人の師匠であった。

幼少より絵が好きでさかんに描いていたが、中学に入った頃から「何のために描くのか」という疑問に苛まれた。慶應義塾普通部を卒業後、画家になる事に迷いながらも、東京美術学校へ進学。

父が朝日新聞の特派員として、ロンドン海軍軍縮会議の取材に行くことになり、太郎も東京美術学校を休学後、渡欧。1930年1月にパリに到着。以後約10年間をパリで過ごすことになる。

1932年、芸術への迷いが続いていたある日、たまたま立ち寄った画廊でパブロ・ピカソの作品「水差しと果物鉢」を見て、太郎は強い衝撃を受ける。そして「ピカソを超える」ことを目標に絵画制作に打ち込むようになる。

1940年、ドイツのパリ侵攻をきっかけに日本へ帰国。1942年、太郎は帝国陸軍の兵士として召集され中国戦線へ出征。

1945年、太平洋戦争終結後、ふたたび制作に励む。1947年、新聞に「絵画の石器時代は終わった。新しい芸術は岡本太郎から始まる」という宣言を発表、当時の日本美術界に挑戦状を叩きつけた。

1951年、東京国立博物館で縄文火焔土器を見て衝撃を受ける。翌年、美術雑誌に「四次元との対話 縄文土器論」を発表。これによって、日本美術史は縄文時代から語られるようになったといわれている。

1970年に大阪で万国博覧会が開催されることが決まり、太郎はテーマ展示のプロデューサーに就任。「とにかくべらぼうなものを作ってやる」とひたすら構想を練り、総高70mの「太陽の塔」を制作した。

太郎は老いを重ねても創作意欲は衰えず、個展など精力的な活動を続けていたが、80歳のときに太郎が所蔵するほとんどの作品を川崎市に寄贈。

1996年1月7日、以前から患っていたパーキンソン病による急性呼吸不全により死去(満84歳没)。生前「死は祭りだ」と語り、葬式が大嫌いだった太郎に配慮し、葬儀は行われず、翌月にお別れ会として「岡本太郎と語る広場」が開かれた。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

岡本太郎 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5 6

Page: 1

人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。

いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。

人間は精神が拡がるときと、とじこもるときが必ずある。強烈にとじこもりがちな人ほど逆にひろがるときがくる。

人間にとって成功とはいったいなんだろう。結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。

友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。

気まぐれでも、何でもかまわない。ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、パッと、何でもいいから、そのときやりたいことに手を出してみるといい。不思議なもので、自分が求めているときには、それにこたえてくれるものが自然にわかるものだ。

下手のほうがいいんだ。笑い出すほど不器用だったら、それはかえって楽しいじゃないか。

むかしの夢によりかかったり、くよくよすることは、現在を侮辱し、おのれを貧困化することにしかならない。

この瞬間、瞬間に、若さとか、年よりとか、力があるないとか、才能とか、金とか、あらゆる条件を超えて、その持てるぎりぎりいっぱいの容量で挑み、生きるということだ。

素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、世界はふくらまない。

きみはあなた自身を創造していると思いなさい。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒