魯迅の名言


魯迅の名言

Lu Xun
魯迅

小説家、翻訳家、思想家。代表作に『阿Q正伝』『狂人日記』などがある。

国: 中国(浙江省紹興市)
生: 1881年9月25日
没: 1936年10月19日(享年55歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全173人)
 

魯迅 名言集


 
 
(P. 2 3

Page: 1

自己満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望を持つ。

天才なんかあるものか。僕は他人がコーヒーを飲んでいる時間に仕事をしただけだ。

思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。

女の天性には母性と娘性があって、妻性はない。妻性は無理に作られたもので、母性と娘性との混合でしかない。

むかし景気のよかったものは、復古を主張し、いま景気のよいものは、現状維持を主張し、まだ景気のよくないものは、革新を主張する。

自由はもちろん金で買えるものではない。だが、金のために売り払うことは出来る。

心は、外から刺激を受けないと、枯死するか、さもなければ、萎縮してしまう外はない。

青年時代に悲観していてはいけません。徹底的に戦うのです。

目的はただ一つしかない。それは、前進することなのです。

人生で最も苦痛なことは、夢から覚めて行くべき道のないことです。

君たちは、生命の力にみちあふれている。深林に出会えば、開いて平地にすることができる。曠野(こうや)に出会えば、樹木を植えることができる。砂漠に出会えば、井戸を掘ることができる。

青年時代には、不満はあっても悲観してはならない。つねに抗戦し、かつ自衛せよ。もしいばらにして、踏まねばならぬものなら、もとより踏むのもよいが、踏まずにすむものなら、みだりに踏むべきではない。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒