斎藤茂太の名言


斎藤茂太の名言

Shigeta Saito
斎藤茂太

日本の精神科医、随筆家。愛称はモタさん。

国: 日本(東京)
生: 1916年3月21日
没: 2006年11月20日(享年90歳)

斎藤茂太 おすすめ書籍

【その生涯】 名言集へ行く

1916年3月21日、歌人で精神科医の斎藤茂吉(1882~1953)の長男として東京市(当時)に生まれる。次男は小説家で精神科医の北杜夫(1927~2011)。

茂太は少年時代から大の飛行機好きであった。茂太は旅客機、客船についての著書も多く、旅客機の専門誌や機内誌にもしばしば登場していた。また、少年時代からアドルフ・ヒトラーの物まねが得意であったという。

1942年、茂太は26歳で旧制昭和医科大学を卒業。その後、慶應義塾大学大学院にて医学博士号を取得。

太平洋戦争中には召集され、大日本帝国陸軍軍医大尉となる。

茂太は多くの悩める人を勇気づけた「心の名医」として、日本精神病院協会の名誉会長などを務めながら、執筆や講演活動も行った。

晩年、米寿を越えたころから足を悪くし、講演や旅行は減ったが、作家活動に時間を費やすようになり、それまで以上に多数の著書を世に出した。

2006年11月20日、斎藤茂太は90年の生涯を閉じた。生涯現役を続け、死去時にも多くの仕事を抱えていたという。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

斎藤茂太 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

自分らしく生きられる場を探すのではなく、今、自分がいる場所で夢中になって生きてみましょう。そんな日々の積み重ねが、その人らしさを作っていくんだと思います。

世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない。

悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから。

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。

いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう。

嫌われたら、それ以上の力で好きになれ。

自分で自分をあきらめなければ、人生に「負け」はない。

あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。

人は何を語るか、だけではなく。「何を語らないか」でも判断される。

何を笑うかで人間がわかる。なんでも笑えば人間は変わる。

感情で表情が変わる人より、表情で感情を変える人が賢者。

失敗を気にしてクヨクヨ落ち込んだり、クドクド言い訳したり、誰かを責めたりするのは、時間のロスでしかありません。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒