武者小路実篤の名言


武者小路実篤 の名言

Saneatsu Mushanokoji
武者小路実篤

小説家、詩人、劇作家、画家。

国: 日本
生: 1885年5月12日
没: 1976年4月9日(享年90歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

武者小路実篤 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

この世の中には色々の不幸がある。しかしその不幸からよきものを生み出そうとし、また生み出し得るものは賢い人である。

才能で負けるのはまだ言い訳が立つ、しかし誠実さや、勉強、熱心、精神力で負けるのは人間として恥のように思う。他では負けても、せめて誠実さと、精神力では負けたくないと思う。

心配しても始まらないことは心配しない方が利口だ。心配すべきことを心配しないのはよくないが、それも大胆に、いじけずに心配すべきだ。

僕が信用する人はどんな時でも、本音のあり場所を示す人だ。本当のことがわからない時は、わからないとはっきり言える人だ。

結婚は早すぎてもいけない、おそすぎてもいけない、無理が一番いけない、自然がいい。

人生は楽ではない。そこが面白い。

私は一個の人間でありたい 誰にも利用されない 誰にも頭を下げない 一個の人間でありたい 他人を利用したり 他人をいびつにしたりしない そのかはり自分もいびつにされない 一個の人間でありたい

人生と言うものは、思わぬ時に道がひらけたり、閉じたりするものだ。

笑はれるのを恐れるよりは心にないことを云ふのを恐れなければいけない。

結婚するものも仕合わせだし、しないものも仕合わせだ。どっちにも人間としての喜びがある。

幸福をつかむことを恐れるな。

人生はむつかしく解釈するから分からなくなる。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒