シェイクスピアの名言


Page: 6

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ。

のんき者は長生きする。

ぼんやりしている心にこそ恋の魔力が忍び込む。

ものを言わぬ宝石のほうが、どんな人間の言葉よりも、とかく女心を動かすものである。

安心、それが人間の最も近くにいる敵である。

王者に安眠なし。

何もしなかったら、何も起こらない。

頑固な人には、自ら招いた難儀がいちばんよい教師になるにきまってます。

橋は大水のときの川幅より長くなくともよい。いま必要なものの用に応じてこそ、格好がよいというもの。役に立つことが、まず肝要だ。

言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する。

今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒