武田信玄の名言


武田信玄の名言

Shingen Takeda
武田信玄

戦国時代の武将、甲斐国の守護大名、戦国大名。

国: 日本(現在の山梨県甲府市上積翠寺町)
生: 1521年12月1日
没: 1573年5月13日(享年51歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1521年12月1日(大永元年11月3日)、甲斐国守護・武田信虎の嫡男として要害山城(現在の山梨県甲府市上積翠寺町)に生まれる。幼名は太郎。

1536年、14歳のときに元服。将軍・足利義晴から「晴」の偏諱を賜り、晴信と改める。

1541年、父・信虎の駿河追放により、晴信は19歳で武田家の家督を相続。

家督を相続した晴信は信濃諏訪領への侵攻を始める。1542年に諏訪領を制圧。1550年には中信を支配下に置く。

1553年、31歳の晴信は北信を除き信濃をほぼ平定。これにより領国を追われた信濃国守護・小笠原長時らが越後国の上杉謙信に救いを求める。

同年、上杉謙信は自ら軍を率いて信濃国に出陣し、武田方の諸城を攻め落とす。晴信は決戦を避けたため、謙信は越後へ引き上げた(第一次川中島の戦い)。

その後も宿敵上杉謙信との北信濃の支配権を巡る川中島の戦いは続き、計5回、12年余りに及ぶ。

1554年、晴信は相模国の北条氏康、駿河国の今川義元と甲相駿三国同盟を締結。

1559年、37歳の晴信は出家し、徳栄軒信玄と称する。

1560年、桶狭間の戦いにおいて織田信長が今川義元を討ち取る。三河では徳川家康が独立。

その後、将軍足利義昭と織田信長が対立し、義昭は信長を滅ぼすべく、信玄らの大名に信長討伐の御内書を発送。

1571年、信玄は織田信長の盟友である徳川家康を討つべく、遠江・三河に侵攻。諸城を落とすも信玄が血を吐いたため甲斐に帰還した。

1572年、信玄は再び甲府を進発。三方ヶ原において、家康と決戦し勝利。しかし、信玄の持病が悪化し、武田軍の進撃は突如として停止。

1573年5月13日、甲斐に引き返す途中、武田信玄は51年の生涯を閉じた。

信玄は遺言で「自身の死を3年の間は秘匿し、遺骸を諏訪湖に沈めること」や家督を相続する武田勝頼に対しては「信勝継承までの後見として務め、越後の上杉謙信を頼ること」を言い残したいう。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全169人)
 

武田信玄 名言集


 
 
(P. 2

Page: 1

風林火山 – 疾(と)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し。

武将が陥りやすい三大失観。一、分別あるものを悪人と見ること。一、遠慮あるものを臆病と見ること。一、軽躁なるものを勇剛と見ること。

渋柿は渋柿として使え。継木をして甘くすることなど小細工である。

人間にとって学問は、木の枝に繁る葉と同じだ。

自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。

一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。

我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。

大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。

為せば成る 為さねば成らぬ成る業(わざ)を 成らぬと捨つる人のはかなき

三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。

戦いは五分の勝利をもって上となし、七分を中となし、十分をもって下となる。五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分はおごりを生ず。

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒