ウディ・アレンの名言


ウディ・アレンの名言

Woody Allen
ウディ・アレン

アメリカの映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者。監督、脚本、主演の三役をこなして成功した映画人は、チャップリンとオーソン・ウェルズとウディ・アレンの3人だけだと言われている。

国: 米国(ニューヨーク市ブロンクス区)
生: 1935年12月1日

【その経歴】 名言集へ行く

1935年12月1日、ニューヨーク市ブロンクス区のロシア系=オーストリア系ユダヤ人家庭に生まれる。幼年期は、母の姉妹やナチスの迫害から逃れてきた親類と生活を共にしたが、女性に囲まれた精神的かつ言語的に混沌としたものであった。

母はアレンに対して激しく叱責することもあったが、妹にははるかに穏やかな扱いであった。アレンは「大事にされている、愛されている」という感情が持てなくなり、現実逃避からコミックや映画、ジャズに傾倒するようになった。

一家は正統的なユダヤ教徒であり、アレンも8年間ヘブライ語学校に通ったが、これは彼の宗教嫌いに拍車を掛ける結果となった。

高校入学後、カード・マジックに傾倒したアレンは、16歳の時にマジシャンとして初舞台を踏む。しかし、その後は徐々にコメディに傾倒し、その道を志望するようになった。

アレンは高校在学中に新聞等にギャグを送り始め、筆名として「ウディ・アレン」を名乗るようになる。数々のギャグは誌上で紹介され人気を博し、これがエージェントの目にとまり、アレンは臨時雇いのギャグ・ライターという道を歩むことになった。

1953年、ニューヨーク大学に入学。映画製作を専攻したが授業の大半をさぼり、中退してしまう。その後、ニューヨーク市立大学シティカレッジ映画科に入り直したものの、さぼり癖はおさまらず、中退。

1955年、同級生の兄とマネージメント契約を結び、放送作家養成プログラムに参加。アレンはギャグ・ライターと放送作家を並行して行うことになった。しかし、放送作家という仕事に興味を持てなくなる一方で、続々舞い込む仕事に心を病み、1959年から精神科への通院を始める。

1960年から、アレンはスタンダップ・コメディアンとして活動を始め、人気を集める。アレンの評判を聞き、映画界からのオファーが飛び込み、アレンはその世界へと身を投じた。

アレンの映画は、生まれ育ったニューヨークの文化や暮らし、人々のメンタリティをテーマにすることが多い。ユダヤ人であることの差別とそこから来るコンプレックスや自己意識などを織り込んだコメディを得意としている。

彼の作品の多くは、アメリカ国内における興行成績は決して高くはないが、多くの人気俳優や女優が競って出演することでも知られている。また、フランスなどの国外においても非常に高い評価を受けている。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

ウディ・アレン 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2

Page: 1

私は速読のクラスを取り、『戦争と平和』を20分で読んだ。ロシアについて書いてあったと思う。

I took a speed-reading course and read ‘War and Peace’ in twenty minutes. It involves Russia.

人生は芸術を手本にしない。質の悪いテレビ番組を手本にするのだ。

Life doesn’t imitate art, it imitates bad television.

自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ。

Confidence is what you have before you understand the problem.

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる。

To love is to suffer. To avoid suffering, one must not love. But, then one suffers from not loving.

人生はみじめさ、孤独、苦しみに溢れている。そしてそれはあまりに早く終わってしまう。

Life is full of misery, loneliness, and suffering – and it’s all over much too soon.

もし存在なんてものはなく、すべては誰かの夢だったとしたらどうだろう?

What if nothing exists and we’re all in somebody’s dream?

僕は現実が嫌いだ。でもおいしいステーキを食べるのにこれ以上の場所はない。

I hate reality but it’s still the best place to get a good steak.

今まで生きてきて残念に思うことのひとつは、僕が、僕以外の誰か他の人ではないと言うことだね。

My one regret in life is that I am not someone else.

私を会員にするようなクラブには入りたくない。

I’d never join a club that would allow a person like me to become a member.

死ぬ間際の彼の最後の言葉は、”最近『白鯨』を読み出したのに、結末を知らずに死ぬのが残念だ”

頭で理解できることに価値はない。

Anything worth knowing cannot be understood by the human mind.

もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい。

If you want to make God laugh, tell him about your plans.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒