勇気が出る言葉

Page: 3

運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできない。

セネカ(ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人 / 紀元前1頃~紀元後65)

何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。

坂本龍馬(江戸時代末期の志士、土佐藩郷士 / 1836~1867)

我々は真に勇気ある人間であったか?すなわち「敵に対抗する」勇気のほかに、必要な場合には「自己の仲間に対しても抵抗する」だけの勇気を持っていたか。「私利私欲に抵抗する」勇気だけでなく、「多数の圧迫に抵抗する」勇気を持っていたか!

ジョン・F・ケネディ(米国の第35代大統領 / 1917~1963)

勇気とは、あえて危険をおかす能力であり、苦痛や失望をも受け入れる覚悟である。

エーリッヒ・フロム(ドイツの社会心理学者、精神分析学者 / 1900~1980)

勇者の気持ちを味わいたければ、ありったけの気力をふるって、勇者らしく振る舞うことだ。

ウィリアム・ジェームズ(米国の哲学者、心理学者 / 1842~1910)

臆病者は、勝つと分かっている戦いしかできない。だがどうか、負けると知りつつも戦える勇気を。時に、勝利よりも価値ある敗北というのもあるのだから。

Any coward can fight a battle when he’s sure of winning; but give me the man who has pluck to fight when he’s sure of losing. That’s my way, sir; and there are many victories worse than a defeat.

ジョージ・エリオット(英国の女性作家 / 1819~1880)

マイルス・デイヴィスはブーイングを浴びた。ハンク・ウイリアムスはブーイングを浴びた。ストラヴィンスキーもブーイングを浴びた。あなたもたまにブーイングを浴びないと何者でもなくなる。

Miles Davis has been booed. Hank Williams was booed. Stravinsky was booed. You’re nobody if you don’t get booed sometime.

ボブ・ディラン(米国のミュージシャン / 1941~)

勇気のない者は、賢いとはいえない。

キケロ(共和政ローマの政治家、文筆家、哲学者 / 紀元前106~紀元前43)

青年時代に悲観していてはいけません。徹底的に戦うのです。

魯迅(中国の小説家、思想家 / 1881~1936)

今の状況がどれほど苦しく、救いのないものに思えても、それを変える道が必ずあることを分かってほしい。

アンソニー・ロビンズ(米国の自己啓発作家、コーチ、講演家 / 1960~)

富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。

He who loses wealth loses much; he who loses a friend loses more; but he that loses his courage loses all.

セルバンテス(スペインの小説家『ドン・キホーテ』著者 / 1547~1616)

自分で引き寄せる出来事に偶然はないのだ。たとえそれが不愉快でも学ぶ必要はある。問題を直視するべきだ。

リチャード・バック(米国の作家『かもめのジョナサン』著者 / 1936~)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒