ナイチンゲールの名言




ナイチンゲールの名言(P. 2)

看護を行う私たちは、人間とは何か、人はいかに生きるかをいつも問いただし、研鑽を積んでいく必要がある。

ナイチンゲールの名言

病院の第一の条件は、患者に害を与えないことである。

The very first requirement in a hospital is that it should do the sick no harm.

ナイチンゲールの名言

何かに対して「使命」を感じるとはどういうことであろうか?それは何が「正しく」何が「最善」であるかという、あなた自身がもっている高い理念を達成させるために自分の仕事をすることであり、もしその仕事をしないでいたら「指摘される」からするというのではない、ということではなかろうか。これが「熱中するということ」であり、自分の使命を全うするためには、誰もがもっていなければならないものなのである。

ナイチンゲールの名言

最も上手に人をおさめるのは、自分の責任下にある人々を愚かに甘やかすのではなく、その人のためになること、その人にとって最高の利益になることを、親身になって考える人です。

ナイチンゲールの名言

価値ある事業は、ささやかな、人知れぬ出発、地道な労苦、向上を目指す無言の、地道な苦闘といった風土のうちで、真に発展し、開花する。

ナイチンゲールの名言

進歩のない組織で持ちこたえたものはない。

ナイチンゲールの名言

人生とは戦いであり、不正との格闘である。

ナイチンゲールの名言

構成員の奉仕の精神にも頼るが、経済的援助なしにはそれも無力である。

ナイチンゲールの名言

経験をもたらすのは観察だけなのである。

ナイチンゲールの名言

どんな仕事をするにせよ、実際に学ぶ事ができるのは現場においてのみである。

ナイチンゲールの名言

子を失う親のような気持ちで、患者に接することのできない、そのような共感性のない人がいるとしたら、今すぐこの場から去りなさい。

ナイチンゲールの名言

人生は呑気な楽しい休日でも、気の利いたことが記されている書物でもありません。

ナイチンゲールの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒