Page: 4

生きるということは、死ぬ日まで自分の可能性をあきらめず、与えられた才能や日々の仕事に努力しつづけることです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

どんなに好きでも最後は別れるんです。どちらかが先に死にます。人に逢うということは必ず別れるということです。別れるために逢うんです。だから逢った人が大切なのです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

人は死ぬまで同じ事をするものではない。理想にしたがって生きるのが素晴らしいのだ。

渋沢栄一(日本の武士、官僚、実業家、日本資本主義の父 / 1840~1931)

「朝に人としての道を悟ることができれば、その晩に死んでも悔いはない」という事こそが人の道である。人としての努力をすることもなく、ただ死に向かうのは人の道ではない。

高杉晋作(江戸時代末期の志士、長州藩士、奇兵隊を創設 / 1839~1867)

男が志をもって何か突出したものを得ようとしたら、孤独なんだよ。誰も助けてくれないし、壁にぶち当たったときの孤独感といったら、壮絶なものですよ。でも、それが男だし、僕は孤独に死ぬのはいとわない。

奥田瑛二(日本の俳優、映画監督、画家、声優 / 1950~)

死を前にしたとき、みじめな気持ちで人生を振り返らなくてはならないとしたら、いやな出来事や逃したチャンス、やり残したことばかりを思い出すとしたら、それはとても不幸なことだと思うの。

オードリー・ヘップバーン(英国の女優 / 1929~1993)

死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。

Man lives freely only by his readiness to die.

ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者 / 1869~1948)

哲学を学ぶことは、死に対する準備にほかならない。

To study philosophy is nothing but to prepare one’s self to die.

キケロ(共和政ローマの政治家、文筆家、哲学者 / 紀元前106~紀元前43)

人は何のために生きているかをいつも考えておかなければいけません。この問題が解決されていれば、その人は死についてあまり考えなくなります。

キング牧師(米国の牧師、公民権運動の指導者 / 1929~1968)

人生は旅行であって、死はその終焉である。

ジョン・ドライデン(英国の詩人、劇作家 / 1631~1700)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒