アインシュタインの名言


アインシュタインの名言

Albert Einstein
アルベルト・アインシュタイン

ドイツ出身の理論物理学者。20世紀最大の物理学者、現代物理学の父とも称される。

国: ドイツ出身、国籍はスイス、アメリカなど
生: 1879年3月14日
没: 1955年4月18日(享年76歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1879年3月14日、ドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州ウルム市のユダヤ人家庭に生まれる。翌年、家族はミュンヘンに引っ越し、父と叔父が電気機器を製造する会社を設立した。

アインシュタインは5歳頃まであまり言葉を話さなかったという。5歳のときに父親からもらった方位磁針が自然界の仕組みに対して興味を持つきっかけとなった。

9歳のときにピタゴラスの定理の存在を知り、自力で定理を証明。12歳のときに叔父からユークリッド幾何学の本をもらい独習。微分学と積分学もこの当時に独学で習得。同じ頃、天文学の存在を知り、物理学にも関心を示すようになった。

1896年(17歳)、スイスのチューリッヒ連邦工科大学へ入学し、物理学を専攻。彼は教師には反抗的で、授業をよく休んだという。

1900年(21歳)に工科大学を卒業したが、大学の物理学部長と不仲であったために、大学の助手にはなれず、保険外交員、家庭教師のアルバイトなどをしながら論文の執筆に取り組む。

1901年(22歳)、スイス国籍を取得。翌年、スイス特許庁に就職、好きな物理学に取り組む時間を得る。24歳で結婚し、翌年には長男を授かる。

1905年(26歳)、アインシュタインは「光量子仮説」「ブラウン運動の理論」「特殊相対性理論」に関連する五つの重要な論文を立て続けに発表。バスの乗車中にベルンの時計台の針が不動に見えることから着想した「特殊相対性理論」は当初、周囲の理解を得られなかった。

1909年(30歳)、特許局を辞職し、チューリッヒ大学の助教授となる。翌年、プラハ大学の教授となり、次男も誕生。1912年にチューリッヒ連邦工科大学の教授に就任。

1913年、プロイセン科学アカデミーの会員となり、アインシュタインはベルリンに移住するが、不仲状態にあった妻は子供を連れてチューリッヒに戻り、別居状態となる。

1916年(37歳)、一般相対性理論を発表。この理論には星の重力により光が曲げられるという予言も含まれていた(後に実証される)。

1919年(40歳)、妻と離婚し、いとこのエルザと再婚。

1922年11月、日本に来日したアインシュタインは43日間滞在し、大正天皇に謁見。また、日本へ向かう最中、ノーベル物理学賞受賞の知らせを受けている。

1932年(53歳)、アメリカへ3度目の訪問をすべくドイツを発つ。しかし、翌年にはヒトラー率いるナチスが政権を獲得。ユダヤ人への迫害が日増しに激しくなり、アインシュタインがドイツに戻ることはなかった。

1939年、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト宛ての、原子力とその軍事利用の可能性に触れた手紙に署名。

1940年(61歳)、アメリカ国籍を取得。1943年にアメリカ海軍省兵器局の顧問に就任。魚雷の起爆装置の改善に尽力。

1945年、広島市への原子爆弾投下報道に衝撃を受ける。アメリカは戦勝国となったが、アインシュタインは「我々は戦いには勝利したが、平和まで勝ち取ったわけではない」と演説。

1955年4月11日、核兵器の廃絶や戦争の根絶、科学技術の平和利用などを世界各国に訴える内容のラッセル=アインシュタイン宣言に署名。4月13日、心臓付近の痛みに倒れ、入院するも手術を拒否。病院でも研究を続けるため用具を持って来るよう伝えていたが、4月18日、アインシュタインは76歳の生涯を終える。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全170人)
 

アインシュタイン 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5 )

Page: 1

人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。

The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive.

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

If you can’t explain it to a six year old, you don’t understand it yourself.

すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。

All religions, arts and sciences are branches of the same tree.

科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。

Science is a wonderful thing if one does not have to earn one’s living at it.

困難の中に、機会がある。

In the middle of difficulty lies opportunity.

私は、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。

I never think of the future. It comes soon enough.

情報は知識にあらず。

Information is not knowledge.

人間性について絶望してはいけません。なぜなら、私たちは人間なのですから。

We cannot despair of humanity, since we ourselves are human beings.

正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ。

It is a miracle that curiosity survives formal education.

ある年齢を過ぎたら、読書は精神をクリエイティブな探求から遠ざける。本をたくさん読みすぎて、自分自身の脳を使っていない人は、怠惰な思考習慣に陥る。

Reading, after a certain age, diverts the mind too much from its creative pursuits. Any man who reads too much and uses his own brain too little falls into lazy habits of thinking.

たとえ国家が要求しても良心に反することをしてはいけない。

Never do anything against conscience even if the state demands it.

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。

Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. The important thing is not to stop questioning.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒