ガンジーの名言


ガンジーの名言

Mahatma Gandhi
マハトマ・ガンジー

弁護士、宗教家、政治指導者。非暴力・不服従運動によって英国からの独立を果たす(インド建国の父)。ガンジーの平和主義的手法は、キング牧師など、人権運動や植民地解放運動において世界中に大きな影響を与えた。

国: インド
生: 1869年10月2日
没: 1948年1月30日(享年78歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1869年10月2日、イギリス領インド帝国(現:グジャラート州ポールバンダル)に生まれる。父はポールバンダル藩王国の宰相であった。

小学校時代は素行も悪く、ヒンドゥー教の戒律で禁じられている肉食を繰り返したり、タバコ代を工面するために召し使いの金を盗んだこともあった。

インド幼児婚の慣習により、13歳の若さで結婚。18歳でロンドンに渡り、法廷弁護士となるために勉強する。

24歳でイギリス領南アフリカ連邦にて弁護士として開業。しかし、白人優位の人種差別政策下で、鉄道の一等車への乗車を拒否され放り出されるなどの人種差別を体験したことで、人種差別政策に反対し、インド系移民の法的権利を擁護する活動に従事するようになる。

1914年に第一次世界大戦が起こると、イギリスは将来の自治を約束して、植民地統治下のインド人に協力を求めた。インドに帰国したガンジーはこの約束を信じ、イギリス植民地軍への志願を呼びかける運動を行なった。しかし、戦争がイギリスの勝利に終わっても、自治の拡大は期待したほど進行せず、ガンジーは「イギリスへの協力が独立へとつながらない」という信念を持った。

第一次世界大戦後は、独立運動をするインド国民会議に加わり、「非暴力、不服従」運動で世界的に知られるようになる。

第二次世界大戦後、イギリスは戦勝国となったが、国力は衰退し、独立運動が根強いインドを植民地として支配することは困難であった。1947年8月15日、ジャワハルラール・ネルーがヒンドゥー教徒多数派地域の独立を宣言し、イギリス国王を元首に戴く英連邦王国であるインド連邦が成立した。
ただし、ガンジーの「ヒンドゥーとイスラムが融合したインド」との思い通りにはいかず、最終的にイスラム教国家のパキスタンとの分離独立となった。

1947年8月のインドとパキスタンの分離独立の前後、宗教暴動の嵐が全土に吹き荒れ、1948年1月30日、ガンジーはヒンドゥー原理主義集団民族義勇団によって暗殺される。
3発のピストルの弾丸を胸に撃ち込まれたとき、ガンジーは自らの額に手を当てた。これはイスラム教で「あなたを許す」という意味の動作である。そして、ガンジーは「おお、神よ」とつぶやいてこの世を去った。78歳であった。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

ガンジー 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5 6 7

Page: 1

何か信じるものがあるのに、それに従って生きない人間は信用できない。

To believe in something and not to live it is dishonest.

目的を見つけよ。手段は後からついてくる。

Find purpose, the means will follow.

速度を上げるばかりが、人生ではない。

There is more to life than increasing its speed.

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。

The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.

人間の英知を信用しすぎるのは賢明ではない。強者も弱くなるかもしれないし、賢者も間違うかもしれないと心に留めておくことは健康的である。

It is unwise to be too sure of one’s own wisdom. It is healthy to be reminded that the strongest might weaken and the wisest might err.

臆病な者は愛を表明することができない。愛を表明するとは勇敢さの現れである。

A coward is incapable of exhibiting love; it is the prerogative of the brave.

人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても、海全体が汚れることはない。

You must not lose faith in humanity. Humanity is an ocean; if a few drops of the ocean are dirty, the ocean does not become dirty.

「目には目を」という考え方では、世界中の目をつぶしてしまうことになる。

An eye for eye only ends up making the whole world blind.

率直な意志の相違は、進歩を示す健全な兆候だ。

Honest differences are often a healthy sign of progress.

もし、過ちを犯す自由がないのならば、自由を持つ価値はない。

Freedom is not worth having if it does not include the freedom to make mistakes.

未来は、「今、我々が何を為すか」にかかっている。

The future depends on what we do in the present.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒