松下幸之助の名言


Page: 10

私は小さい頃貧しかったので、最初は腹一杯食べたい夢でした。丁稚奉公にいってからは、貯金して早く店を持ちたいと思いました。商売をはじめても、大きな会社など望みませんでした。一段上の夢を着実にこなしていっただけです。

人間というものは、気分が大事です。気分がくさっていると、立派な知恵才覚を持っている人でも、それを十分に生かせません。しかし気分が非常にいいと、今まで気づかなかったことも考えつき、だんだん活動が増してきます。

万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。

部下の失敗はただ叱れば良いというものではない。失敗を自覚している時には慰めも又必要です。

人間は本来働きたいもの。働くことをじゃましないことが、一番うまい人の使い方である。

よく人の意見を聞く、これは経営者の第一条件です。私は学問のある他人が全部、私より良く見え、どんな話でも素直に耳を傾け、自分自身に吸収しようと努めました。

こけたら、立ちなはれ。

私のこれまでの人生というものは、さまざまなことを教えてくれた多くの人々の「一言」によって支えられ、成り立っていると言っても過言ではありません。

他人はすべて自分よりもアカンと思うよりも、他人は自分よりエライのだ、自分にないものをもっているのだ、と思うほうが結局はトクである。

商売であがった利益は、法律上は個人のものであるけれど、しかし実質的には社会の共有財産である。したがってその一部は自分の良識で使うことが許されるけれども、大部分は社会から預かった金である。財産があることは、それでさらに事業をしなければならん。

人間の知恵というものは、しぼればいくらでも出てくるものである。もうこれでおしまい。もうこれでお手上げなどというものはない。

 

– END –

 

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全183人)






 

松下幸之助 おすすめ書籍


『道をひらく』(松下幸之助)
昭和43年の発刊以来、累計400万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー。松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集。
Amazon


『松下幸之助 成功の金言365』(松下幸之助)
成功するためには、成功するまで続けることである – 超のつくプラス発想で人生最後の瞬間まで生き抜いた経営の神様は、 日々、自問自答を繰り返し、みずからの成長の糧とした実践する哲学者でした。
Amazon


『人生と仕事について知っておいてほしいこと』(松下幸之助)
あくせくせずに悠々と自分の運命に従って進んでいくその生涯は強く正しく幸福なものである – ほんとうの成功とはなにか – 厳しい現実と向かい合うための心の羅針盤。
Amazon

松下幸之助の書籍一覧(Amazon)

 

「TOP」