ピーター・ドラッカーの名言


ピーター・ドラッカーの名言

Peter Drucker
ピーター・ドラッカー

オーストリア出身の経営学者。現代経営学、マネジメントの発明者と称される。

国: オーストリア・ウィーン出身(米国へ移住)
生: 1909年11月19日
没: 2005年11月11日(享年95歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1909年11月19日、オーストリア・ウィーンのドイツ系ユダヤ人の裕福な家庭に生まれる。

1917年、7歳のドラッカーは両親の紹介で同じユダヤ人の精神科医ジークムント・フロイトに会う。

1929年、19歳のドラッカーはドイツ・フランクフルトの新聞記者になる。

1931年、21歳でフランクフルト大学の法学博士号を取得。このころ、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)のヒトラーやゲッベルスからたびたびインタビューが許可されている。

1933年、ドラッカーが発表した論文がユダヤ人を嫌うナチ党の怒りを買うことを確信し、退職してウィーンに戻り、イギリス・ロンドンに移住。

ロンドンではケインズの講義を直接受ける傍ら、投資銀行に勤める。1937年、ドラッカーは27歳で結婚。

1939年にドラッカーはアメリカへ移住。処女作『経済人の終わり』を出版。

1942年、32歳でドラッカーはバーモント州ベニントン大学の教授となる。翌年にはアメリカ国籍を取得。

1950年から1971年まではニューヨーク大学(現:スターン経営大学院)の教授を務める。

1959年、ドラッカーは49歳で初めて日本を訪れる。以降たびたび来日し、日本古美術のコレクションを始める。

1971年、61歳でカリフォルニア州クレアモント大学院の教授となり、以後2003年まで務める。

2002年、92歳のときに文民に贈られるアメリカの最高位の勲章である大統領自由勲章を授与される。

2005年11月11日、ピーター・ドラッカーは自宅にて95年の生涯を閉じた。

ドラッカーの著作には組織のマネジメントに関するものと、社会や政治に関するものがある。ドラッカーの基本的な関心は「人を幸福にすること」にあり、社会・組織の中の人間という観点から論じている。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全181人)
 

ピーター・ドラッカー 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5 6

Page: 1

コミュニケーションで最も大切なことは、相手が語らない部分を聞くことである。

The most important thing in communication is to hear what isn’t being said.

ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである。

Business has only two functions – marketing and innovation.

時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することはできない。

Time is the scarcest resource and unless it is managed nothing else can be managed.

将来についてわかっている唯一のことは、今とは違うということだ。

The only thing we know about the future is that it is going to be different.

未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。

The best way to predict your future is to create it.

元々しなくても良いものを効率よく行うことほど無駄なことはない。

There is nothing so useless as doing efficiently that which should not be done at all.

成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした。

Whenever you see a successful business, someone once made a courageous decision.

ビジネスの目的の正当な定義はただひとつ。顧客を作り出すことである。

There is only one valid definition of business purpose: to create a customer.

マーケティングの目的とは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

The aim of marketing is to know and understand the customer so well the product or service fits him and sells itself.

できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。

Start with what is right rather than what is acceptable.

効率とは物事を正しく行うことであり、効果とは正しい事を行うことである。

Efficiency is doing things right; effectiveness is doing the right things.

コミットメント(責務)なしでは、単に約束と希望があるだけで、そこに計画はない。

Unless commitment is made, there are only promises and hopes; but no plans.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒