スティーブ・ジョブズの名言


Page: 7

優れた人材には、束ねる重力のようなのもが必要だ。

あなたと僕は未来をつくるんです。

オーケー、誰も助けてくれないなら、自分たちでやるまでだ。

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。

ピンチの時には身近にいる社員を総動員して、彼らを信じるんだ。

マイクロソフト社がマックをコピーすることに長けていたわけではない。マックが10年もの間コピーしやすい製品だっただけだ。それはアップル社の問題だ。独自性は消えてしまった。

昔を振り返るのはここでやめにしよう。大切なのは明日何が起きるかだ。

優秀だと聞いていたが、ガラクタばかりつくっていたな。僕のところで働けよ。

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたからだ。

アップルとは、既成概念の外で思考できる人々のことだ。

テレビを観るのは、自分の脳のスイッチをオフにするためであり、コンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときでしょう。

We think basically you watch television to turn your brain off, and you work on your computer when you want to turn your brain on.

知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒