人生が辛い


Page: 8

絶望した側が戦いに勝つことがよくある。

ヴォルテール(フランスの哲学者、作家、文学者、歴史家 / 1694~1778)

流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。

セルバンテス(スペインの小説家『ドン・キホーテ』著者 / 1547~1616)

自分以外の人間になりたいと願いながら、人生を送るのは耐え難いって

He says it’s terrible to go through life wishing you were something else

チャーリー・ブラウン

チャールズ・M・シュルツ(米国の漫画家、スヌーピーの作者 / 1922~2000)

真の偉大さは喜びの中でも苦難の中でも楽しむ力があることで見分けがつく。

ロマン・ロラン(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞 / 1866~1944)

自分が怖いと思っているところに焦点をあててはいけない。自分が行きたいところに焦点を当てるんだ。

アンソニー・ロビンズ(米国の自己啓発作家、コーチ、講演家 / 1960~)

神が我々に絶望を送るのは、我々を殺すためではなく、我々の中に新しい生命を呼び覚ますためである。

ヘルマン・ヘッセ(ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞 / 1877~1962)

私たちは決して苦痛や悩みから解放されることはありません。しかし最悪の場合さえも明るさを失わず、明日に希望をも持つように努力することは出来るのです。

稲盛和夫(日本の実業家、京セラ、KDDIの創業者 / 1932~)

いつまでも続く不幸というものはない。じっと我慢するか、勇気を出して追い払うかのいずれかである。

ロマン・ロラン(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞 / 1866~1944)

最もよく踏みならされ、また最も人通りの多い道ほど、どれもみな多くの人を迷わせるものである。

セネカ(ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人 / 紀元前1頃~紀元後65)

賢い人は、徹底的に楽天家である。

アンドリュー・カーネギー(スコットランド出身の米国実業家、鉄鋼王 / 1835~1919)

絶対に起こりもしないことを恐れて、人生をダメにしちゃいけないわ…

ルーシー

チャールズ・M・シュルツ(米国の漫画家、スヌーピーの作者 / 1922~2000)

どこかの森に迷い込んだ旅人たちは、あちらへ向かったり、こちらへ向かったりして迷い歩くべきではなく、いわんやまた一つの場所にとどまっているべきでもなく、つねに同じ方向に、できる限りまっすぐに歩むべきである。その方向を彼らに選ばせたものが初めは単なる偶然にすぎなかったかもしれぬにしても、少々の理由ではその方向を変えるべきではない。というのは、旅人たちは彼らの望むちょうどその場所に行けなくても、少なくとも最後にはどこかにたどりつき、それはおそらく森の真ん中よりはよい場所であろうからである。

デカルト(フランスの哲学者、数学者 / 1596~1650)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒